株式会社PILOT-JAPAN

PILOT-JAPANは日本初の対外的教育プラットフォームと教育メディアを整備し、日本の教育を世界に開かれたものにすることを目指しています。

代表御挨拶


私2011年から2013年まで二年間、国際NGOのプロジェクトの為ネパールに滞在しました。その時カトマンズ市内に乱立する日本語学校と日本留学エージェントを目にし、「これほど多くの人が日本に何をしに行くのだろう?」と不思議に思ったことを記憶しています。

帰国後日本語教育機関に就職した私は、留学生の受け入れやキャリア支援において改良すべきことがまだ多くあると考えるようになりました。日本留学者を募る魅力的なマーケティングが行われているでしょうか?日本で進学する留学生たちに正しい情報提供と進路サポートが行われているでしょうか?留学生人材と企業のミスマッチをどうすればなくせるでしょうか?

こうした課題に挑戦するため、2016年5月に株式会社PILOT-JAPANを立ち上げ、日本初の対外的教育プラットフォーム「S2S-Education Platform」をリリースし、現在は日本初の対外的教育メディア「Why Japan」の開発を手掛けております。

留学生支援と、日本が積み重ねてきた「Trust」を世界中の若者たちに提案していく繋ぎ目となることが私の使命だと考えております。

藤本 篤志(Atsushi Fujimoto)
株式会社PILOT-JAPAN代表

キャリアコンサルタント(国家資格登録番号17047043)


弊社概要

株式会社PILOT-JAPAN (PILOT-JAPAN Co., Ltd.)
設立
2016年5月9日
代表者
藤本 篤志
事業規模
資本金
300万円
従業員数
2名
取引先等
金融機関
巣鴨信用金庫 中野支店
顧問税理士
いぶき総合会計事務所

私たちは、教育に対する思いを共有できる方々と積極的に協業しております。

 
◆教育メディア事業、教育プラットフォーム事業、また留学生のキャリア教育で協業・連携を検討しておられる企業や教育機関からのご連絡をお待ちしております。
 
◆Portfolioで協業事例をご覧いただけます。Contactフォームからお気軽にお問い合わせください。